デントリペア・スクール案内|スクール併設もできるデントリペアの確かな技術力であなたの愛車をリペアします

デントリペアスクール生徒募集中

全国施工代理店メンバー全員が米国Vale社「国際デントリペア技術者ライセンス」取得済み。
私たちは『技術力が証明・立証されている』グループです!

デントリペア=板金塗装をせずに「車のヘコミ」を修復してしまうヨーロッパ生まれ・アメリカ育ちの最新技術!

デントリペアスクール


  1. HOME
  2.  > デントリペア・スクール案内

プロだから上手いのは当たり前。
「目には見えない技術力を“見える化”」することがこれからの時代、日本でも必要です

表面高低差測定スキャナー

カラー高低差図

デントリペア国際技術者ライセンスとは?

アメリカ・テキサス州に本部を置くVale Training Solutions(ヴェイル トレーニング ソリューションズ)社が「他業者や他技術者との差別化を図るために“技術力の差が明確となる”ライセンス制度を必要とするアメリカ国内のデントリペア業者が増えたこと、またそれら多くの技術者から“ライセンス制度の基準制定”の支援要請の依頼があり、2003年より開始した「技術認定制度」のこと。

そのテスト・プログラムは、多くの著名なデントリペア技術者達や各保険会社代表およびVale社のインストラクターによって定義されたもので、合否判定には検査員の“目視検査”だけではなく、専用にプログラミングされた“表面高低差測定スキャナー”を用いて1/1000ミリ(1ミクロン)単位で計測し、計測数値とカラー高低差図(アルティチュード・マップ)としてモニターに表示され、公正におこなわれます。

デントリペア技術の“基礎と理論的なノウハウ”を完全にマスターしていなければ合格は不可能なテスト内容です。
現在では世界中のデントリペア技術者たちがテストを受け、取得している“世界で唯一のデントリペア技術レベル認定基準”であり、特にカナダでは、このライセンス・テストに合格していない技術者には保険加入者の車両修理に携わさせない保険会社もあるほど信頼のあるものです。

日本国内では、アジア圏で唯一公式認定されているライセンス認定機関「一般社団法人サーフェス・メジャーメント・ソリューションズ(SMS)」が技術認定テストを開催しております。当校ではSMSに受講施設をテスト会場として提供し、定期的に認定テストを開催しています。

ライセンス・レベルの種類は?

デントリペア技術者ライセンス・テストの技術レベルは“テスト内容の難易度により”下記の3段階に分類しております。

  • LEVEL1【Journeyman/ジャーニーマン: 初級 プロとして必要な技術レベル】スチール製ドア・スチール製ボンネット
  • LEVEL2【Craftsman/クラフトマン: 中級 熟練者レベル】スチール製ドア・スチール製ボンネット
  • LEVEL3【Master Craftsman/マスタークラフトマン: 最上級 匠レベル】スチール製ドア・スチール製ボンネット&アルミ製ボンネット

国際大会に積極的に出場して、自分の実績と経歴をつくろう!

  • 国際大会審査風景動画
  • 2015MTEイギリス大会優勝
  • 2015MTEアメリカ大会入賞

この仕事に従事する前は、地域でのみ仕事をする「ごく普通の建築職人&経営者」だった当校の代表。けれどもデントリペア技術を習得してからは積極的に世界に挑戦し、「アジア圏で初めて国際大会に出場、世界ランカーになる」「国際大会の審査員となる」「世界で三人目の国際ライセンス公認検査員となる」「年間1名しか選ばれない、デントリペア技術指導者オブ・ザ・イヤー受賞」「アジア圏で初のライセンス最高ランク“マスタークラフトマン”テスト合格」など“多くの実績を自分自身で築き上げ、経歴として残してきた経緯”があります。

当校の卒業生の多くは国際ライセンスを取得し、国際大会でも「国際大会入賞者2名」「ヨーロッパ大会優勝」「ヨーロッパ大会入賞」などの実績を“自身の技術力だけ”で築き上げています。

皆さんも、トラストデント・デントリペアスクールでしっかりと技術を学んで、是非とも世界に挑戦し、自分の実績として残してみてください。それを経験された先輩方も言いますが、それまでの人生観が変わると思います。プロは上手くて当たり前。同業者や友人たちと話した時に何か自分自身で誇れるものがあればきっと、何気ない一つの言葉にも「重み・深み」が出てくることでしょう。

デントリペアスクールのご案内

本校の特徴

  • デントリペア国際技術者ライセンス合格者多数!基本~応用までしっかりとしたノウハウが学べる!
  • デントリペア国際大会での優勝者や入賞者を多く排出!技術系スクールとして卒業生の実績がある!
  • 当校代表も深く携わっている海外研修同行のチャンスが豊富!
  • 受講中に国際基準のしっかりとしたクオリティーを見ることが出来るので、卒業してからも技術的なことで迷うことがない!
  • 海外へ行かなくても本場の最新技術が学べる&最新ツールの情報などを得られる!
  • 当校代表兼マスターインストラクター自身が技術者&指導者として国際的に評価されている!
  • 卒業後はトラストデント・グループ施工代理店として“暖簾分け”される実力、という目標を持てる(フランチャイズではありません)!
  • 卒業生だけで運営している、経験豊富な“ひょう害車リペアチーム”がある!
  • 各種勉強会やデントリペア大会、新年会、忘年会など卒業後もインストラクターや全国の先輩後輩たちと会い、学ぶ場が多くある!
  • 通学スタイルがたくさんあって、しかも自由に選べる!(現在の仕事を続けながら、じっくりと技術習得できる)
  • 無料宿泊施設がある!
  • マスターインストラクターの店舗が隣接しているので、実作業を見ながら接客も学べる!
  • 独立開業後の“可能性”や“楽しさ”をしっかりと教えてくれる!

トラストデント・デントリペアスクール代表兼マスターインストラクター挨拶

スクールでの代表01

スクールでの代表02

【主な海外実績】
2005年 デントリペア国際大会 5位入賞(東洋人初出場)
国際ライセンス最高“匠”レベル、マスタークラフトマン取得(東洋人第一号認定)
2011年度 全米PDR技術指導者オブ・ザ・イヤー受賞(東洋人初受賞)
デントリペア国際大会・公式審査員(東洋人初認定)
デントリペア国際技術者ライセンス・公式検査員(世界第一号認定/現在世界で3名)
全米デントリペア技術者団体NAPDRT&PDR Nation正規メンバー(東洋人第一号認定)

皆さま初めまして。

デントリペア・スクールのマスターインストラクターおよびトラストデント・グループ代表を務めております押味と申します。私は1998年にまだまだ日本では歴史が浅く、当時は未知の分野であったこの業界に建築職人から転身いたしました。この業界を日本に定着させてみたい!その一念でこれまで突っ走ってきました。

目標達成に向け、まず取り組んだのが“明確な水準の技術を持ち、業界からキチンと評価されている、実績のある指導者から学ぶ”ことでした。それは建築職人として修行してきた私が、先人から聞いたりし実体験として痛感していたからです。しかし、インターネットも今ほど普及していなかった当時の私には「本物のデントリペアとは何か?」「どのスクール(誰から)学べば良いのか?」「スクールは何処に行っても同じなのか?」調べる術もありませんでした。覚悟を決め、雑誌で広告を出していた国内大手デントリペア・スクール計2校に順次入校し技術を学びましたが、やはり思ったとおり当時の日本では「本場海外から評価されている指導者がいなかった」ためデントリペアの本質が学べず、最終的には渡航して本場海外で学ぶ“選択肢”しか私には残されていませんでした。

しかしながら今振り返れば、心より尊敬できる技術者兼指導者、計4名と知り合え“歴史のある真の技術ノウハウとテクニック”を学ぶことが出来たことは私の人生にとってとても幸運なことでした。もしも、彼らに巡り会えていなかったら、、、。「本物のペイントレス・デントリペア」と「一見するとデントリペア“みたいな行為”」は全く異なる方法です。しかし、それらを応用し組み合わせることにより成立するのもまた「ペイントレス・デントリペア工法」なのです。

話を戻しますが既に確立されているノウハウの根本の違いは基より、指導者の実績から出る“言葉の重み”と“何処ではなく、誰に学ぶべきか?”を分かっている「指導を受ける側の見切り」も“本場”にはしっかりと存在していました。幸運にも“真のデントリペア技術”を得ることができた私ですが、その後は迷いもなく、一人で世界に挑戦し続け現在に至ります。

当校の理念は「終わることのない自身の技術の追求」。そのため、年間入校生の人数制限を設けております。「日本のデントリペア業界を自ら築き上げて行く」。それは決して夢ではありません。皆さんの“熱い思い”次第です。私は日本のデントリペア業界に「一石を投じる」ことしか出来ませんでしたが、それにより発生した「波紋を広げて行く」ことが出来るのはアナタかも知れません。

最後となりますが、デントリペアの考えを数枚の紙に収めることはとても難しいので、開校当時より「資料送付」は行っておりません。メールフォームよりお問合せいただければ、こちらから改めてお電話にてご連絡させていただきます。多くのお問合せ、心よりお待ちしております。

敬具

スクール卒業生の実績紹介

デントリペア国際技術者ライセンス合格率、国内トップクラス!

  • 2008年 MTEデントリペア世界大会・アメリカ本選大会にて入賞!(トラストデント愛媛店 代表:佐賀氏)
  • 2015年 MTEデントリペア世界大会・アメリカ本選大会にて入賞!(トラストデント高知店 代表:濱田氏)
  • 2015年 MTEデントリペア国際大会・ヨーロッパ大会にて世界ランキング10位(トラストデント群馬店 代表:村山氏)
  • 2015年 MTEデントリペア国際大会・ヨーロッパ大会にて優勝!(トラストデント岡山店 代表:安田氏)
  • MTEデントリペア世界大会2008
  • MTEデントリペア世界大会2015-01
  • MTEデントリペア国際大会2015-02
  • MTEデントリペア国際大会2015-03

トラストデント・グループ【TDG】とは?

全国で活躍している「熟練技術者となったスクール卒業生たちで構成されているスペシャル施工チーム」のことです。トラストデント・グループ【TDG】規定の「難関技術テスト」に合格し、トラストデント東京江戸川本店(本部)より公認を受ければ、昔ながらの「暖簾(のれん)分け」となります(フランチャイズではありません)。

デントリペア技術が日本に入って来て以来の数十年に渡るお客様の声、「デントリペアは技術者によって仕上がりが違うのは知っているけど、誰に頼めば良いかが分からない」を解決したい!という気持ちから、「国際水準を満たすレベルの技術者たちのチーム作り」を目指し、2007年のデントリペア・スクール開校を機に、トラストデント・グループのプロジェクトがスタート。

現在では、デントリペア国際技術者ライセンスの最高“匠”レベルにあたる「Master Craftsman/マスタークラフトマン取得技術者」や「国際大会世界ランカー」も多く輩出し、スペシャル・チームとしてマスメディア等にも取り上げられることもあり日本全国で活躍しています。

トラストデント・グループロゴ

トラストデント・グループメンバー

受講カリキュラムとシステムのご案内

業界初! ステップアップ・システムを採用

ステップアップ・システム

デントリペア技術習得に限らず、勉強や趣味など様々なものごとに置き換えても、ある一定の基準に達するにはそれなりの時間と期間を要するものです。当校の受講システムは、生徒さんの技術力が達していないのに次のカリキュラムを無理に受講させることはいたしません。階段を一段一段、確実に上って行き、目的の場所まで着実に辿り着けるように指導しています。

それが、当校が独自に考案し国内で唯一採用している 「ステップアップ・システム」。その内容は、第1クール(基本~実践までの技術習得)、第2クール(国際水準以上の技術ノウハウ伝授)に分かれており、充実した内容となっています。ステップアップ・システムは確実に機能しており、その効果は「国際技術者ライセンス合格者多数」「国際大会優勝者・入賞者多数輩出」という国際的にも技術者として通用する“実績”という形で卒業生が残しております。

それらの結果から、当校代表は、世界で毎年1名しか選出されない「デントリペア技術指導者オブ・ザ・イヤー」を2011年度に受賞いたしました。国際的に評価されている受講カリキュラム&システムにて丁寧に指導いたしますので、安心してお任せください。

  • デントリペア技術指導者オブ・ザ・イヤー
  • 実技の様子

受講カリキュラムについて

第1クール ベーシックレベル 【18カリキュラム】

PDR Technician

BeforeAfter

まったくの未経験者の方はもちろんですが、既にデントリペア上級者のプロとして活躍されている技術者の方々も「JDSで習い直してみたい」と再受講されているJDSのベスト・コース。

デントリペア初心者の方はボンネットでの基本練習~実習車を使った応用実践編までをしっかりと学び、デントリペア経験者の方はそれに加え、今までの知識や経験では解決出来なかった「技術的な疑問点と問題点」をスッキリと解消していただけるカリキュラム内容となっております。

実際に経験者の方が本コースを再受講後、米国デントリペア国際大会にて世界ランカーとなったり、初心者からスタートした方でも、ヨーロッパ国際大会での優勝やデントリペア国際技術者ライセンスの最高峰レベル「マスター・クラフトマン」テストに多数合格するなど数々の実績を残している、本格的な技術者を育成するためのコース内容です。

※本コース卒業生に限り、JDSが催す各種イベント(デントリペア全国大会、セミナー、海外視察など)への参加が可能となります。

【デントリペア国際技術者ライセンス合格可能レベル】
最高峰レベル:Master Craftsman
【受講期間】
ご入校日~6か月(最長12ヶ月延長可)期間内に、本コース規定の18受講カリキュラムを消化して下されば結構です。出来るだけ期間を掛けてじっくりと学んでください。
【受講スタイル】
受講日程は、下記のようなスタイルから皆さまのライフワークに応じて、ご自由にお選びいただけます。
無理なくシッカリと技術習得が出来る通学スタイルとなっています。
通学プランについては、生活スタイルに合わせて調整可能ですのでご相談ください。
  • 基本技術はお近くのJDS分校にて習得し、実車講習(6カリキュラム)はJDS東京本校で連続受講する!
  • 初めからJDS東京本校に入校する!
  • 3週間の連続受講(6日間×3週) ※JDSでは推奨しておりません。
  • 現在お勤めの会社の休日や、土日祭日を利用しての変則受講
  • 数日間かの連続受講をして、数週間(数日間)の間隔を開けての受講
  • 平日1日単位の受講
その他、ライフスタイルの変化に合わせて受講日をご自由に設定出来ます。
【受講費用】
既にツールセットをお持ちの方は、「ツールセット無しでの受講料設定」もございます。
詳しくはメールフォームまたはお電話にてお気軽にお問合せください。
【受講費用の内容】
  • 18カリキュラム(18回分)の受講費
  • デントリペア専用オリジナル特殊加工ツール使用
  • デントリペア専用ライト×1
  • デントリペア専用アクセサリー類×1式
  • 教材費/講習材料費など。
※価格・内容等は予告なしに変更する場合がございます。
オリジナル特殊加工ツール
【特典】
ウィンドウリペアキット及び2日間の講習費も含まれます。
現在、本コースのみ受講費用の「早期割り引き制度」の適用が可能です。
現在、宿泊施設20泊分無料です。【受講期間中、東京本校のみ有効】
詳しくはメールフォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。
【卒業後のアフターフォロー】
本コース受講終了(卒業)後も、当然のこととして卒業生方とのお付き合いは続きます。これまで卒業していった先輩方と同じく、卒業後もお気軽に遊びに来てください。スタッフ一同、卒業後も皆さんの力になり続けられるように頑張ります!
【卒業時と卒業後のスキル(技術)チェック】
卒業時のスキル(技術)チェックは勿論ですが、卒業後2ケ月程度経過した頃のスキルチェックも、ご希望があれば「JDS東京本校」にて無料で行えます。
※JDSテクニカルスクールのスキルチェックは、日本国内の「デントリペア事情」などを踏まえた、実践的で本格的なものに加え、国際水準から見る「確かな目」で判断いたします。皆様の現状のスキルについて的確な判断をお伝えすると共に、皆さんの今後の営業方法や練習方法などについ ても適切なアドバイスをさせていただきます。
【スキルチェック担当者】
  • 米国Vale社公認 デントリペア国際技術者ライセンス公式検査員(JDS代表:押味)
  • MTEデントリペア国際大会公式審査員(JDS代表:押味)
  • 国際技術者ライセンスを取得しているJDSスクール卒業生
のいずれかのスタッフが責任を持って担当いたします。
第2クール アドバンストレベル【3カリキュラム】
  • ロゴ
  • グループメンバー
  • Master Craftsman
  • PDR Technician

「専門技術者育成コース」を卒業後、十分な実務経験を積み重ね「熟練技術者」となった方で「デントリペア国際技術者ライセンスの最高峰レベル:マスタークラフトマン」に合格している方が受講の対象となります(卒業後、実務開始から少なくても数年間程度の期間は必要です)。

「専門技術者育成コース」の受講カリキュラム内容を完全に熟知し、全てを実践出来る技術力がなければ体得が困難なカリキュラム内容となっています。

「専門技術者育成コース」だけでも十分ですが、更に上の技術者を目指す方はしっかりとステップを踏んでから、是非受講していただきたいスペシャル・コースです。

当校卒業生でデントリペア・ヨーロッパ国際大会にて優勝または結果を残している方々も受講しております。

【受講期間】
3日間の連続講習となります。このレベルになると、本コース受講カリキュラム内容のほぼ全てを即理解・即実践できるため、短期間でも十分納得できる受講内容となります。
【受講場所】
JDS東京本校にて、JDS代表兼マスターインストラクターからの直接指導となります。
【受講費用】
¥350,000(税別)
【受講費用の内容】
  • 特別カリキュラム3日間の講習費
  • スペシャルツール×3【一部加工費含む】
  • 宿泊施設3泊分無料【受講期間中、東京本校のみ有効】
  • 教材費/講習材料費など。出張講習の場合はご相談ください。
※価格・内容等は予告なしに変更する場合がございます。
ウィンドウリペア講習(※ご希望があれば受講可能)
【受講費用】
¥400,000(仮)+消費税
【受講期間】
2日間
【リペアキット】
グラスウェルド社・基本リペアセット

基本リペアセット

【ウィンドウリペア】 ~ウィンドウリペアのメリットとデメリット~

ウィンドウリペアのメリットは、その形にもよりますが割と短時間で修理が可能で交換に比べ低料金です。太陽光を避ける場所や屋内(直射日光があたらない)ならば出張修理が可能です。

デメリットは、割れ方の状態・場所によっては修理が困難で、衝撃点等ガラスが欠けてなくなっている部分は跡が残る可能性があります。以前にもリペアしてある場所は修理が困難で角度により見えることがあります。

特殊レジンで補修するリペア方法で、ひび割れが現状より拡大しないように目立たなくすることができます。
但し、「完全」に元通りに直るわけではなく、あくまでも「応急処置」としてのリペアです。

合わせガラスのフロントガラスにひび割れが発生すると下記の図(中)のようにひび割れができ、衝撃点から特殊レジンを空気の隙間に流し込み(右)、紫外線によって固めていきます。ひび割れの状況判断として下記の図(左)のように爪で触れた時の感触があればあるほど大きくて深いのです。

  • フロントガラスのひび割れ01
  • フロントガラスにひび割れ02
  • ウィンドウリペアの様子

☆幾つか違いのある割れ方の中で、よくある破損・欠損・ダメージ例をご紹介いたします。

ブルズアイ

  • 衝撃点のある一般的な円状の割れ方
  • リペア後はほぼ見えなくなり、きれいな仕上がり

ハーフブルズアイ

  • 三日月状の割れ方
  • 割れ方の性質上、線が残ってしまうケースがあるが、ほぼきれいに仕上がる

コンビネーション

  • 複合型の割れ方
  • 掛け方やその深さなどで透明の線状模様がかすかに見え、欠損部分で仕上がり方が変わる

スターブレーク

  • 衝撃点から星形状に割れる割れ方
  • 割れてる本数が多いと細い線状模様が残り、角度によってはその線状模様が見える

無料体験入学のご案内

ご入校を迷われているならば“無料体験入学”による“不安解消”をお勧めします。今抱えている疑問や質問することにより、技術者になる上での明確なビジョンを持つことができるからです。無料体験のご予約は随時承っておりますので、お気軽にお問合せください。
ご予約の際はご希望のお日にちを、いくつかお知らせください。☆ 無料体験は午後1時から約4時間程度で行われます

受講生

スクール風景

1日無料体験スクールを開校しています!